ゆとりゆとられ

食べることしか頭にない新卒OLの外食記録とときどき美容記事

【OLディナー日記】話題のスパニッシュ中華を辛口レビュー@Texturaテクストゥーラ(日比谷・有楽町)

こんにちは〜

先日恋人の誕生日があり

お祝いディナーにテクストゥーラに行って参りました。

 

中華の名店イチリンハナレさんが出した

スパニッシュと中華のフュージョンのお店だそうです。

 

いつも恋人とのご飯は

割り勘でやや多めに相手に出してもらってますが、

今回は全額私が出したので

いつもより辛辣なレビューになるかもしれません笑

 

 

 

Textura(テクストゥーラ)外観&雰囲気

丸の内仲通り沿いのペニンシュラホテル向かいにあります。

 

textura-soto

 


textura-naka

 

Textura(テクストゥーラ)のディナーコース

今回は税抜き8,000円のディナーコースを予約しました。

外にメニューが置いてあったので、アラカルトでも注文はできるかと思います。


textura-menu

↑なかなか意味深な感じのコースメニュー。

 

イワシ ESP

高坂鶏 CHN

を、三段活用

海老 ESP

鮎 CHN

ライチ ESP

黒酢のスブタ CHN

佐島 ESP

つめた~い担々麺 CHN

最中

茶菓子

 

食材名しか書いてないものがほとんどだし、佐島とか意味不明なものもちらほら。

おそらく、ESPはスパニッシュ(Espaniol)、CHNは中華(Chinese)だと思われます。

 

お酒はドライシードル。

textura-ryori1

裏のラベルを見たらスペイン産のものでした!

 

一皿目

一皿目はイワシ

オリーブオイルに漬けて表面を炙ったものになります。

textura-ryori2

お皿が涼し気で綺麗。

まるでイワシが泳いでいるよう。


textura-ryori3


textura-ryori4

↑盛り付けても綺麗。

しっかり燻製されていてスモーキーな味わいです。

 

二皿目

二皿目は高坂鶏

その正体は、高坂鶏という品種を使ったよだれ鶏でした。

この後にソースを三段活用するので、半分程度残しておいてください、とのことでした。


textura-ryori5

↑上にレバーパテのようなものものっています。

浸かっているソースが痺れ系で旨辛です。

辛いの苦手な人は結構きついかも。

 

三皿目

三皿目?は二皿目を三段活用するとのこと。

一体どのようなものが出てくるのでしょうか、、、

 

一段活用

最初は、、、餃子

textura-ryori6

↑一人一個ずつですが、サイズはやや大きめ。

餡にセロリ?が入っています。

正直、タレの味が濃すぎてタレの味しかしなかったので

単体で食べた方が美味しいかも。

 

二段活用

お次は山椒を練りこんだ麺をソースの中に盛り付けてくれました。


textura-ryori7

↑美味しいけど流石に舌が痺れてきた〜

 

三段活用

最後は豆乳が入ったお出汁で割って、スープとしていただきました。


textura-ryori8

↑豆乳が入ることで、味がまろやかになり、ゴマの旨味なども分かるようになります。

 

これにさっきの麺を入れて食べたかった、、、

 

元々のソース自体がかなりオイリーなので、ラーメンのスープを飲み干すような罪悪感がありました。

 

四皿目

四皿目は海老

海老のアヒージョが出てきました。

 

textura-ryori

 ↑大きな海老がごろり

 

オイルにしっかり海老の出汁がしみ込んでいて美味しいです。

写真には撮っていませんが、付け合わせのパンももちもちしていていくらでも食べられちゃいます。

 

五皿目

五皿目は

正解は鮎の春巻きでした。


textura-ryori10

 

ふっくらした鮎と爽やかなしそ、

揚げたてパリパリの皮がマッチしていて美味しかったです。

 

六皿目

六皿目はライチ

中間にフルーツ系ということはお口直し的なものなのかなと思ったら

まさしく、ライチとフルーツトマトのガスパチョでした。


textura-ryori11

 

うん、ほぼトマト!

後味でほのかにライチが香ります。

 

前半は結構脂っこいものが多かったので口はさっぱりしました。

 

七皿目

七皿目は黒酢のスブタ

これが予想外にもスブタのカツサンドが出てきました。


textura-ryori12

 

 


textura-ryori13

↑はみ出しているツブツブは、粒マスタードです

 

カツサンドとしては、あと2~3切れ食べたいと思うくらいには美味しかったです。

でも普通に酢豚食べたかった

 

サプライズ

コースも折り返しを過ぎたころ、

時刻的にもテーブルが埋まってきたとき、

大きなパエリアを運ぶ店員さん。


textura-ryori14


textura-ryori15

 

店員さんによれば、

ランダムなタイミングで大鍋でパエリアを炊いて

その場にいるお客さん全員にふるまうのだそうです。

 

どのタイミングで・どんなパエリアが食べられるかは運次第というサプライズメニュー。

今回はあさりのパエリアでした。

 

推測ですが、19時に予約のお客さんが多くなるので、

彼らの食事がある程度進んだ19時半前後に一度パエリアが出ると思われます

(ちなみに私たちは18時半スタートでした)

 

八皿目

八皿目は佐島

なんの名称なのか全く見当がつきません。

 

出てきたのは、、、


textura-ryori16

 

たこ!!

神奈川県佐島のたこを使った、たこのガリシア風でした。

 
textura-ryori17

↑パプリカパウダーに鰹節パウダーも入ってるのか、ほんのりお出汁っぽい味がします。

たこ自体の味は普通。

 

九皿目

九皿目は冷た~い坦々麺

数少ない一発で伝わるメニュー名です。


textura-ryori18

 

これは普通に美味しい!

辛すぎずマイルドで濃厚。

 

担々麺と一緒に先ほどのパエリアも出てきました。


textura-ryori19

 

味は美味しかったのですが、

出来上がると全テーブルにパエリアをお披露目するため、

時間が経って冷めてしまっているのが残念でした。

 

私たちのテーブルは〆の坦々麺と同じタイミングで来たからよかったけど

微妙なタイミングで出されたお客さんもいるんじゃないかな〜

 

十皿目

お料理が終わり、いよいよデザートです。

まずは最中


textura-ryori20

↑紹興酒のアイスがサンドされた最中

 

キャッチ―な見た目ですが、これめっちゃ美味しいです

お酒の香りがふんわりして、焦がしキャラメルのような甘さとほろ苦さがあります。

 

デザートと一緒にホットプーアル茶も頼みました。


textura-ryori21

 

十一皿目

いよいよ最後の十一皿目は茶菓子

 


textura-ryori22

↑右から、岩塩を添えたバスクチーズケーキ、ココナッツサブレ、紹興酒と山椒の生チョコ、ココアピーカンナッツ

 

バスクチーズケーキは、ねっとりした生っぽい食感で、岩塩の塩気が甘味を引き立てていて美味しかったです。

 

サブレとナッツは普通。

生チョコはお酒の風味が強くて苦手な人は苦手かも。

個人的には好きだけど、山椒はちょっと余計かなという印象でした。

 

個人的感想

味&サービス

お料理の味は全体的にとても美味しかったのですが、

脂っこいものと辛いものが多かったので苦手な方はアラカルト注文が無難です。

 

また、個人的にはスパニッシュと中華をミックスした創作料理を期待していたのですが、

実際はスパニッシュと中華が単純に交互に出てきた印象でした。

 

パエリアの提供タイミングといったオペレーション的なことも含めて

まだ開店直後なのでこれからに期待したいところですね。

 

混雑状況

イチリンハナレの系列店ということもあってか

開店したばかりにも関わらず店内は大盛況だったので予約は必須です。

電話でもできますが、一休でネット予約もできます。

 

予算&コスパ

税抜き8,000円のコースと

お酒を1人1~2杯ずつ、デザートのお茶を含めて

1人当たり12,000円ほどでした。

 

十種類以上のお料理が8,000円で楽しめるのは

日比谷界隈ではかなりコスパが良い部類に入ると思います。

 

まとめ

これからますます人気になっていくと思われるテクストゥーラ。

今回は辛口めなレビューでしたが、全体としては大変満足しています。

予約が取れなくなる前に一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

テクストゥーラ (TexturA) - 有楽町/中国料理・スペイン料理 [一休.comレストラン]

 

 ↓恋人とのご飯にはこちらもおすすめ

www.kuzujo-chan.com